写真えらびのコツ

  1. コントラストについて

    キャンバス地は、色が沈んで落ち着いた印象に仕上がる素材です。
    全体が明るめで、しっかりとした色味、メリハリのある写真のデータが適しています。

    全体的に暗めで、ぼんやりした写真データは、濃淡の差がなく印象の薄い仕上がりになります。

  2. 被写体に寄りすぎない

    被写体の上下左右に余裕がない場合、トリミングによっては被写体の一部がキャンバスの側面に折り込まれてしまいます。被写体まわりに、ある程度の「ゆとり」があるかどうか事前にご確認ください。

    被写体に
    余裕があります。

    被写体に
    余裕がありません。

  3. 写真は元データを

    スマートフォンに保存済みの写真は、LINEやメールで送信すると画像データのサイズが小さくなる場合があります。キャンバスをきれいに仕上げるためにも、オリジナルの元データをご用意ください。

購入はこちらから